商標登録のメリット

商標登録を行うとどのようなメリットがあるのか? - これは商標だったのか!

これは商標だったのか!

htjtd
「セロテープ取って」
「万歩計でダイエットしよう!」
みなさんが普段何気なく使っているこの単語、実は商標登録された『商品名』なんです!
知っていましたか!?

商標登録とはどんなもの?

『セロテープ』の一般名詞は、『セロハンテープ』。
『万歩計』は『歩数系』が一般名詞です。
言われれば「あぁなるほど」と納得されると思います。
他にはどんなものがあるのでしょうか?

『エレクトーン』

これはヤマハの登録商標で、一般名詞では『電子オルガン』。
ちなみにカワイでは『ドリマトーン』という『電子オルガン』が商標登録されています。
『ポリバケツ』
積水テクノ成型の登録商標で、正しくは『プラスチック容器』。
身もふたも無い正式名称ですね。
ふたと言えば、ふたがあるタイプのゴミ箱も積水テクノ成型の登録商標で、『ポルペール』というそうです。

『宅急便』

なんとびっくり!宅急便は登録商標だったのです。
ヤマト運輸が商標登録した宅配サービスで、黒猫をトレードマークにしているのはあまりにも有名ですよね?
このように有名な単語が実は商品名だったという事例はまだまだたくさんあります。
しかし、実は有名になりすぎて、一般名詞になってしまったものもあります。
例えば、『エスカレーター』
もともとはオーチス・エレベーター・カンパニーが製造販売する階段式昇降機の商標でしたが、現在では一般名称として認識されています。
ちなみに『エレベーター』はもともと一般名称です。

『魔法瓶』

言われてみれば、トラもゾウも魔法瓶を販売しています。
しかし、魔法瓶という名前はもともと存在していたとは考えられません。
新たに作られた言葉だと思われます。
しかし、従来には存在しなかったものだったため、そのまま一般名詞になったのだと考えられます。
このように、あまりにも有名になりすぎたものや、従来には存在しなかった革新的なものについては、登録商標は普通名称化してしまうようです。
商品登録する際は、商品名っぽい名前にすることを心がけたほうがいいかもしれませんね?
商品の名前の後ろにRやTMと書いてあるのを見たことがありますか?
あれは商標登録された商品であることを表しているんです。
登録された商標は、その区分において勝手に使用することができなくなります。
『ポケモン』というゲームはもう勝手に販売することはできないのです。
そのことを知らせるための表示がRやTMに代表される商標マークなのです。商標登録ならスカイ特許事務所に依頼することをお勧めします。

種類

yjtd
さて、では商標にはどんな種類があるのでしょうか?
まずは、商品の出所を表示するものです。
これは、『トレードマーク』と呼ばれ、『TM』で表示されます。
次に、サービスの出所を表示するものです。
いわゆる銀行のようなサービス業が使用する表示のことですね。
これは、『サービスマーク』と呼ばれ、『SM』で表示されています。
サービスという性質上、表示される商品が存在しないのであまり見かけませんが、Webサイトなどに表示される場合が多いようです。
最後に、『R』のマーク。
これが表示されているものは、『商標登録』されているものであることをあらわしています。
ちなみに、いずれもアメリカ国内の法に基づいた表示です。
驚いたことに、日本の商標制度では、『登録商標』の表示である『R』に関する名文上の規定は、『商標法』や『商標法施行規則』の中にはないのです。
しかし、現在の日本において、一般的な需要者は『R』マークを登録商標であると認識しているため、『商標登録されていないもの』に対して『R』マークを表示すると『虚偽表示』にあたるとされています。
日本では、商標登録表示は『登録商標』の文字と『登録番号』としています。
よく、『○○は登録商標です』という文章が商品名の近くに書かれてあるのは、そのためなんですね。
この『R』マークですが、登録商標であることがわかりやすい上に、デザインに大きく影響を与えずに使用できると言う利点から、日本だけでなく、現在世界的に用いられている様です。
なんと、中国でも使用されているんですからビックリですよね。
商標登録を検討中の方はこちら
http://www.kaipat.com/trademark